ホーム

寒露(かんろ)「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

 

山が好きだった30から40数年前に撮り貯めた写真。

冬山が好きだが単独行に加え登山技術の未熟さもあり、
冬は小屋が開いている山しか登れなかった。

   

多くはリバーサルフィルムをデータ化。 
写真も素人で、データ化時フィルムの埃を取らなかったので細かなキズが入っています。
埃をとり再データ化を考えていますができるかどうか未定。

久しぶりに写真を整理していると、シャッター場所に立つ自分を思い出し、
サイト名は、”omoide-ya”

「思い出屋」ではなく、「思い出、や!」。

雪の穂高が好きで、上高地→涸沢→奥穂山荘→穂高岳→奥穂山荘泊、翌日下山が何時もの行程。
穂高岳に立つと「西穂へ縦走しよう」といつも思うが、馬の背を見ると怖くて足が前に出ない。

あの時、どうしたのか思い切って挑戦した。稜線を下りかけて間もなく滑落。
本で読み少し練習していたピックを雪面に差し、必死で体を乗せ「止まってくれ」と祈った。
1・2秒の事と思うが、永い時間だった。
その後、挑戦していない。


ご自由に利用ください。

著作権フリーで、加工されれば再販も自由です。
サーバー容量の関係でアップ写真は縮小データで、元データは約10倍程度あります。
素人写真でお恥ずかしいですが、ご希望の写真があれば下記へご連絡ください。

サイトに仮アップするかメールでお送りします。

「いろいろ」内は著作権フリーではありませんのでご注意ください。
お問合せ


運営者 合同会社たすネットワークス